徹底したプロフェッショナリズム 
専門医とプロの助手による安全な治療と環境をお約束します。
医師・・・専門医にこだわります。
アメリカでは歯科の世界でも専門医が細かく分かれています。専門治療を受けるということは、その分野での専門知識を持ち、技術を知り尽くした医師から治療を受けるということです。
専門医は、大学4年と歯科学校4年の修学後、さらに2年以上の専門課程を経て専門医としての学位や免許を取得しています。その後も各専門分野における日進月歩の最新情報と技術を学び続けています。従って、治療の複雑さの度合いに関わらず、その専門知識と技術をもって対応することができます。多様な問題を抱えた複雑な口腔状態では、各々の専門医が協力して治療を行うことでより良い結果を導きます。一方、一人の医師が多岐に亘る専門分野を精進することは非常に困難です。一般歯科医が歯周病や矯正などの治療を行うことは合法ですが、そのような危険な行為に対しては常に多くの疑問の声が上がっています。

日本歯科グループでは1978年以来、当初アメリカでもまだ稀だった総合歯科診療を行っています。一般歯科をはじめ、神経治療、歯列矯正、歯周病、口腔外科医など各専門医たちが意見を交換し合い、複雑な問題を抱えるケースにも対応しています。

助手・・・有資格者にこだわります。
現在日本国内の歯科医院でさえ、有資格の衛生士や助手を揃えるのが難しいと言われている中、外国でそのような日本人スタッフを見つけるのはさらに容易なことではありません。従って、多くの歯科医院では、全くの未経験者を雇い、アシスタントとして訓練しているのが現状です。しかし、衛生士や助手は患者さんの口腔内を触り、直接使われる薬品を扱い、器具の滅菌など健康に関わる様々な重要な役割を担います。従って、人体を知り、口腔の仕組みを知り、歯学、化学を知らなければなりません。 当院では、そういった事情から決して日本人に限定せず、専門知識を持つ有資格者のみを治療室のスタッフとして揃えています。大切な患者さんの健康を守ることこそ第一優先されるべきと考えます。
受付・・・コミュニケーションにこだわります。
日本を遠く離れ、文化も言葉も違う海外で歯科治療を受けるということは心身共に大きな負担がかかることです。そこで当院は、患者さんにはリラックスしたコミュニケーションが大切と考え、受付には明るい日本人スタッフを揃えています。
当院の受付担当者はただ電話や予約を取るだけではありません。歯科を学び、日本の歯科医療や保険事情を知るため、常日頃から勉強、情報収集をして患者さんのお役に立てるよう努力を怠りません。
歯と保険のことなら何でも日本語でお気軽にご相談下さい。